選手募集中(全学年、女の子大歓迎)

2019年8月31日〜1日

恒例の夏キャンプ

川遊び、BBQ、キャンプファイヤー

野球だけでなく

楽しい思い出づくりも

2019年8月5−6日

ティーボール神奈川大会

(通称:横ティー)

 

今宿少年野球部、鶴が台スターズとともに「茅ヶ崎寒川北友会チーム」として参加、2回戦を突破。

プロ野球観戦!

横浜DeNAベイスターズ VS 阪神タイガース

7月4日(木)

雨の予想も吹っ飛ばし、最後まで好ゲームを観戦、大いに盛り上がりました。

ご招待戴いた横浜DeNAベイスターズへ感謝!


一之宮ストロングスとは

創部43年目 一之宮ストロングスは長い歴史と確かな指導で多くの野球少年少女を産み出してきました。

日本スポーツ協会公認指導員、公認審判員、実績豊富な指導者が多数在籍、将来につながる確かな指導、青少年の健全な育成をチーム方針に掲げて活動しています。また、近年では女子野球も盛んになっており、多くの女子団員も輩出、各方面で活躍中です。

 ケガの防止、将来の成長、を第一優先にした活動、指導を行います。

一之宮ストロングスは「育成チーム」を編成し、低学年、初心者、女子が取り組みやすいプログラムを用意しています。

代表挨拶

『野球の面白いところは、バッターによって守備位置を変えることで、ヒット性の当たりを正面で捕れたりして予想することがすごく面白いです。逆に普通の守備位置では捕れたのに位置を変えたことによって、捕れないのがたまにあるので、そういう時は本当に悔しいです。だけど、守備位置を変えたことによってファインプレーも増えてくるので、これからも大胆に守備位置を変えていきたいと思います。------』  これは、二年前の卒団生が書いた作文の一部です。

この子は現在、シニアチームで頑張っています。試合だけでなく練習も含め野球の全てが楽しくできていると思います。

多くの子供達が楽しく野球をやるには、どうしたらいいのか。少年野球の永遠のテーマだと思います。

自ら考え、分からないことがあれば積極的に指導者に聞く、指導者もそれに応えるという繰り返しにより選手、指導者双方の信頼関係が築かれ、ひいては野球を楽しむことにつながるのではないでしょうか。

2018年、当団は創部43年を迎えましたが、団員不足という大きな課題を抱えています。数年前からその流れはある程度予想ができ、勧誘の努力はしたもののそれが現実となってしまいました。

創部当初は試合もほとんどなく、野球が好きな少年が集まりひたむきに、そして楽しく練習に打ち込んでいたと聞きます。

礼儀や仲間を思う気持ちとともに将来につながる子供達を育成するため、年齢、技量に応じた練習を取り入れるなど、楽しく野球に取り組んでいた創部当初の原点に立ち返り、少人数ですが新たなスタートを切っていきます。

野球をやってみたいと思われたら、ぜひ一之宮ストロングスで体験してみてください。

また、近隣チームにおかれましては、再生一之宮ストロングスに一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。     

 

代表 小林 英司